きれいに声を出す方法

肩こり専門 腰痛もおまかせ あなたの健康をサポートします
新潟市秋葉区 新保矯正整体 新保直人


きれいに声を出すことができると印象が良くなることはもちろん、コミュニケーションに自信が持てます。

今回は劇団四季を参考にきれいに声を出す方法を紹介します。


◆呼吸法
 声はお腹から出すのが基本。腹式呼吸でお腹から声が出るようにします。
①ヘソから2〜3cm下の丹田に重心をおき、息をす一っと吐ききる。
②胴がビア樽のように膨らむイメージで思い切り息を吸い、2秒停止。
③ロからゆっくり吐ききる。
◆フレージング法
原稿を読むときは区切れを意識して棒読みにならないようにします。
強調したいところなど「聴かせどころ」をふまえて流れを考えます。


◆母音法
5つの母音をきちんと発音できるときれいな日本語になります。
鏡でロの形を確認。
劇団四季の俳優はあごが外れるほど大きく口を開けて練習するそうですよ。
・大きなあくびで喉や口が大きく広がった瞬間が理想的なフォーム。





新保矯正整体
https://sites.google.com/site/shimboseitai/

肩こり専門 腰痛もおまかせ あなたの健康をサポートします
新潟市秋葉区 新保矯正整体 新保直人

コメント

人気の投稿